”ニッサンこども特派員がゆく!クルマづくりってすごい!”

花見小学校5年 吉田光

働く人が、働きやすくするための工夫はなんでしょうか?
ボディの高さを作業しやすい位置にあわせている。
働く人が部品を間違えたときや気分が悪くなったときはどうしていますか?
QRQCコールを使って上司をよぶ
クルマづくりを体験してわかったことを書いてください。
ぼくは、今日ねじをねじあなに入れるという事をしました。やる前は簡単かなと思っていましたがやってみるとそうでもありませんでした。むずかしかったところはインパクトレンチがとても重かったことや、まっすぐにさしこむのがむずかしかったです。この作業を流れるレーンの上でやるのはすっごく大変なのではないかなと思います。そしてミスをほとんどせずにやれているプロの人はとてもすごいなとあらためて思いました。ここでぼくはやってみないとわからないことがたくさんあると思いました。
コースを見学して思ったことを自由に書いてください。
コースを見学して思ったことは、1台の車に2万〜3万の部品が使われているというのにびっくりしました。ぼくは1台の車に使われる部品はもう少し少ないのかなと思いました。そのほかには、工場にいろいろな形のロボットが走行していたり作業していたりしていてかっこいいなと思いました。そしてインパクトレンチでネジをはめる秒数をきそった時ぼくがNo.1だったのでとてもうれしいなと思いました2回目もまたきたいです

戻る