地域との共生

ニッサンこども特派員

ニッサンこども特派員とは?

福岡県在住の小学生を対象に親子で参加できる体験学習の場として、「ニッサンこども特派員」を実施しております。
特派員たちは各コースに分かれて取材を行い、普段の見学では見られない場所の見学や、通常の見学で叶わない体験をすることにより、特派員たちに日産の工場で働く人達が愛情を込めて自動車を造っていることを感じてもらう事を目的としております。

各コースに分かれて取材

日産自動車九州の各分野のプロが解説します。

プレスコース

こちらをクリック

鉄の板が一瞬で車のパーツに変身!

プレス工程は、車づくりの第1段階。広い工場の中では、切り離された鉄板が、次々とドアやボンネットなどに形作られていきます。 巨大なプレス機が大きな音を立てて鉄の板に型押ししたり、ロボットやクレーンが重い鉄板の固まりや車の部品をさっそうと運んだりする光景は迫力満点。
このコースで体験できる自分で機械のボタンを押して車の部品を作るプレス体験や、鉄板表面の凸凹を手探りで見つける 品質判定体験などを行います。

プレスコース

車体ロボットコース

こちらをクリック

人とロボットが協力してクルマづくり

車体工程では、プレスから送られてくる部品のつなぎ目に強い電流を流し、車体を溶接します。勢いよくはじけ飛ぶ火花に、普段はメディアを通して見る光景を体験する事ができます。このような危険な作業や重たい部品の運搬はロボットが、組み立てられた車体が安全かどうかの厳しいチェックは人が担当し、それぞれの得意なことを生かしてクルマがつくられていきます。ロボットの操作や品質検査を体験した特派員たちは、ロボットの仕事は一つ一つ人が教えていること、検査には人にしかできない細やかな技術が必要なこと等を学ぶ事ができます。

車体ロボットコース

塗装コース

こちらをクリック

ピカピカの秘密は、3段階塗装

美しくさびないクルマづくりを目指し、さまざまな色に塗り分ける塗装工程。
この工場では2010年2月に最も多く注文を受けたパールホワイトをはじめ、環境に優しい15色の水性塗料で塗装しています。
ピカピカに仕上げる秘密は、さびを防ぐ「下塗り」、色落ちしにくくする「中塗り」、実際のクルマの色を塗る「上塗り」の3段階塗装。 ロボットが素早い動きでムラなく塗装していく様子を見る事ができます。 このコースに参加した特派員はロボットたちを見習って、ミニカーの色塗りなどにも挑戦することもできます。組み立てコース

塗装コース

組み立てコース

こちらをクリック

いよいよクルマの完成形が見えてきた!

組み立て工程は、塗装されたクルマにエンジンやタイヤなど5千個以上の部品を取り付け、完成へと向かう大詰めの段階。
重たい部品の装着以外はすべて人の手で行うため、働く人が一番多い工程です。
作業員に求められるのは、手際よく正確に仕事をこなす高い技術。特派員は作業員の敏速な手さばきや、作業をミスなく、 効率よく進めるための工夫を目の前で見学できます。 そして特派員は、実際に組み立ての基本となるボルト締めにも挑戦し、手作業の面白さ、難しさを体感できます。

組み立てコース