車体ロボットコース

人とロボットが力を合わせてボディづくり

 プレス機でつくられた床下やサイドドア、天井などの部品を溶接し、クルマの骨格となるボディを完成させる工程です。全ての動きがプログラミングされたアーム型のロボットが、クルマ1台につき51基も稼働していることに驚く特派員。作業は正確な動きで、あっという間に終わり、最後は人の手で細かい検査や仕上げをします。見学後は、鉄板と鉄板をつなげて貯金箱をつくったり、ロボットをリモコンで動かす体験に挑戦しました。